2009年02月26日

普及が期待される太陽光発電システム

今年は太陽光発電システムの普及の年になるかもしれません。

それは、補助金制度の拡充と

住宅業者や電力会社の積極的なPR

2020年までに太陽光発電の導入量を現在の10倍
2030年には40倍とすることが目標とされています。

これを達成するには、2020年時点で、新築住宅の
約7割に太陽光発電を設置する必要があるそうです。

さっそく、新聞記事や広告欄に

たくさん載る様になっています。

太陽光パネルメーカーが増産に入ったと記事がありました。

補助金の拡充と
大量生産のための規格統一がぜひとも望まれます。

電力会社は電力の購入価格を上げるらしい。

中小工務店向けに設置方法を説明する
「施工ガイドライン」も作成されるそうです。




posted by エコハウス at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーラー発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。